Rowupdating get data

Here is what the list looks like when displayed in a Grid View.

Notice the addition of the “Edit” column on the far left. Create a new Share Point 2010 Project (Visual C#) in Visual Studio 2010.

An Invalid Operation Exception will occur if the Fill method is called and the table contains a user-defined type that is not available on the client computer.

For more information, see Creating and Using User-Defined Types in SQL Server Books Online., and Sql Connection to select records from a database and populate a Data Set with the selected rows. To accomplish this, the method is passed an initialized Data Set, a connection string, and a query string that is a Transact-SQL SELECT statement.

To String(); it returns an error message Index was out of range. ID="Grid View1" runat="server" Auto Generate Columns="False" Data Source ID="Sql Data Source1" Border Width="0px" Border Style="None" Width="100%" Cell Padding="2" Page Size="25" On Row Deleting="Project List Grid View_Row Deleting" onrowdatabound="Grid View1_Row Data Bound" onrowupdating="Grid View1_Row Updating" onrowediting="Grid View1_Row Editing" ID="Drop Down List1" runat="server" Data Source ID="sds Ddl Projects Edit" Data Text Field="Project Name" Data Value Field="Project ID" Auto Post Back="True" onselectedindexchanged="Drop Down List1_Selected Index Changed" " Select Command="SELECT @Week Ending Week Ending , Project , Project ID , Category , Category ID ,isnull([1], 0) Sun ,isnull([2], 0) Mon ,isnull([3], 0) Tue ,isnull([4], 0) Wed ,isnull([5], 0) Thu ,isnull([6], 0) Fri ,isnull([7], 0) Sat from (select P.

Time Entry Duration Hours FROM dbo.aspnet_starterkits_Time Entry TE inner join dbo.aspnet_starterkits_Project Categories CAT on TE. Category ID inner join dbo.aspnet_starterkits_Projects P on CAT.

This is Part 2 of Update Share Point List Data in a Grid View.

In the previous post, we added an ‘Edit’ column to the Grid View that allowed a user to make modifications to a single row.

Data Annotations; public partial class _Default : System. NET データバインドコントロールの動的データの有効化 このチュートリアルがあることに気づいたのは今日だったりするのですが(w ちょうどいいのでこのチュートリアルを紹介しておきます。 LINQ to SQL編と同様のことをEntity Data Modelを使うとどう記述するのか、という部分をまとめます。 利用したテーブルの定義と動き方はLINQ to SQL編を参考にしてください。 作成したEntity Data Model(以下EDM)は次のようになります。 ここでMeta Dataを関連づけたり、クラス内の項目間の関連チェックを行うには、以下のようなソースを記述する必要があります。 ——————————————————————————————————————- using System.

Page ——————————————————————————————————————- Enable Dynamic Dataメソッドに最初に作成したクラスを渡すのが重要です。 また、Grid View1_Row Updatingでデータを更新する前にCheck Age_Mailメソッドを呼び出してエラーチェックをしています。 データの追加を行っているDefault2.aspxもほぼ同じ作りになっています。 Linq Data Source、Entity Data Source、Sql Data Sourceのそれぞれの場合について書いてきましたが、当然のようにObject Data Sourceも対応していたりします。 実はMSDNのチュートリアルはObject Data Sourceでの方法が記述されています チュートリアル:ASP.

Time Entry Date between dateadd(dd, -6, @Week Ending) and @Week Ending) AND TE.

As a continuation from how to display Share Point list data in a Grid View, now we will explore how to update the data.

Page ——————————————————————————————————————- Default2.aspxのほうは同じ点に気をつけてソースを見てもらえばいいですね。 . NET Framework 4ではData Annotationによるデータ検証が様々なところで使えるようになっています。 WebフォームではDynamic Dataプロジェクトの中であればこのData Annotationによるデータ検証が使えましたが、そのためだけにDynamic Dataプロジェクトを採用するのはちょっとおおげさな感じでした。 ASP. Data Annotations; [Metadata Type(typeof(Meta Person))] public partial class Person public class Meta Person ——————————————————————————————————————- Default.aspxにはGrid ViewとLinq Data Sourceの設定(とValidation関係の設定をちょっと)を行います。 以下のように記述します。 ——————————————————————————————————————- ——————————————————————————————————————- Grid Viewに対してウィザードでLinq Data Sourceを追加していくと、デフォルトではGrid View内に各項目の定義が自動的に追加されてしまいます。 ここは必要ないので削除し、自動的に項目が追加されるようにしておきます。 csクラスにはEnable Dynamic Dataの記述を行います。 Grid Viewに対してプログラムを記述するのはこの部分だけです。 ——————————————————————————————————————- using System; using System.

Tags: , ,